ハワイ島のおすすめコーヒー農園!~村松小農園~


ハワイ島旅行で人気の観光スポットのひとつ、コーヒー農園。
ハワイ島では世界の1%ほどの流通量しかない貴重なコナコーヒーや最近人気の出てきたカウコーヒーがお土産としても大変人気です。
コナコーヒーを生産する農園は数多くあり、コーヒー好きの人はどの農園を見学しようか迷ってしまいますよね。

今回ご紹介するおすすめのコーヒー農園は、日本人の村松さんご夫婦が手がけるオーガニックコナコーヒー農園の村松小農園さんです。


早速コーヒー農園を案内していただきました。

奥の林のところまでが村松さんのコーヒー農園です。
写真に写りきらない部分もあるので、小農園といえどもかなりの大きさです。

収穫期は8月~12月、1月くらいまで。
同じ木になったコーヒーの実でも、赤く色づくのが全てバラバラなので収穫はひとつひとつ手作業でとても大変な作業です。

1日に90㎏~280㎏を収穫されています。

発酵中のコーヒー豆です。

この段階ではまだコーヒーの香りではなく、発酵臭がします。

その後、手作業での選別や焙煎を経てようやく完成です。

以前のオーナーの時は、オーガニックではないコーヒー農園でした。
コーヒーの木は現在よりも大きかったようですが、これは化学肥料を使っていたからだそうです。
村松さんがオーナーとなってからは、化学肥料を使わなくなったのでより健康な木に育てられています。
収穫以外にも、雑草がコーヒーの木の栄養を取らないように草刈りといったとても大変な作業があります。

農園内ではカカオやバナナもなっていました。



こちらは農園内で穫れたマカダミアナッツです。

販売されているものはローストされているものが多いので、生のマカダミアナッツを食べれることはなかなかありません。
ほんのり甘いとてもおいしい貴重なマカダミアナッツ。実はこのマカダミアナッツを求めて野ブタが現れます。
野ブタがコーヒーの木をかじってしまい木が枯れてしまうことも。
ハワイ島にはそういった野ブタのハンティングを生業としている人もいるそうです。



淹れたてのオーガニックコナコーヒーを試飲させていただきました。

ほんのり甘い香りとすっきりとした酸味、柔らかい苦みを感じるとてもおいしいコナコーヒーです!
砂糖もミルクも入れずにブラックでコーヒー本来の味を楽しむのがおすすめです!

お土産用のコナコーヒーです。

この日はプライベート・リザーブという、一番大きな豆とその次に大きな豆をミックスしたコーヒー豆が販売されていました。
袋の外にもコーヒーの芳醇な香りが広がります。
左側は8oz(約16杯分)、右側は4oz(約8杯分)です。

特別な人へのお土産や自分へのご褒美にもぴったりの100%オーガニックコナコーヒーです!

ハワイ島コナ観光の際におすすめのコーヒー農園、村松小農園さんのご紹介でした。
アクセスや詳細はこちらから







ハワイ島コンドミニアムの専門店 ハワイリゾート
ハワイリゾート

  • ハワイ島
  • ハワイ
  • 観光
  • コナ
  • コーヒー
  • 農園
  • 100%
  • お土産
  • おすすめ
  • 村松小農園
  • オーガニック
  • マカダミアナッツ
  • 試飲
  • 人気
  • こだわり
  • 日本人